テニス ラケット今昔

2011年03月23日

テニス ラケット今昔

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

今現在発売されているラケットと30年前のテニスブームの走りの時期のラケットはどこがちがうのでしょうexclamation×2

はっきり言って大違いです。どこもかしこも違いますわーい(嬉しい顔)

まずは素材。昔はウッドラケットといって木を乾燥させたフレームでした。この場合湿気等を吸うと反発力が低下したり、フレームが歪んだりするので、プロはフレームが歪まないようにクランプしたりしていましたあせあせ(飛び散る汗)

それが、アルミやチタン合金のスチールフレームラケットになりグラスファイバーやカーボングラファイトになり、これらの素材が合わさったコンポジットフレームが登場するようになった。

私もこれらのラケットを渡り歩いて来ましたが、まずウッドからメタルフレームのラケットにした時に反発力にビックリしました。しかし良く飛ぶし、球も速くなったのですが打感がウッドと全く違うのでコントロークし難いなあ・・・と思った覚えがあります。

その後にグラファイトのミッドサイズ(90平方インチ)のフレームにしました。このラケットは打感と反発力のバランスが良く、一時期は殆どの人がこのタイプのラケットになったほどです。

そして個の後に「圧ラケ」が登場します。これも最初に使った時は打感の違いに戸惑い「使いにくい」と思っていたのですが、少しして現在主流になっている「中圧」のフレームが登場し、私も類にもれず使うようになりました。

こうして思い返してみるとラケットが変わる毎に、テニススタイルも変わってきましたわーい(嬉しい顔)

昔は、ラケットの種類もそんなに多くありませんでしたが、今はプレースタイルに合わせいろいろなラケットを選ぶことができます。昔のウッドラケットに戻ることはないと思いますが、ラケットの歴史を見ながらあなたも自分にあったラケットを探してみてはいかがですかひらめき

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。