シングルスとダブルス

2011年04月04日

シングルスとダブルス

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

テニスでは、1対1で試合をするのが「シングルス」! 2対2でするのが「ダブルス」わーい(嬉しい顔)

テレビで見るプロ選手の試合は殆どシングルスですよね。

ですから、私も学生の頃はこういったテレビの中のプロの試合を見てテニス部に入り、「早くシングルスやりたいな・・・」と思ったものです。

しかし、テニス始めたばかりの人がテニスコートに一人で立った時「こんなに広いの?」って思いませんでしたか?

そうですシングルスは、あの広いテニスコートの何処に相手が打とうが全て一人でボールを打ち返さなければいけないんですあせあせ(飛び散る汗)

テニスが出来る様になって試合をする様になるとシングルスがボールを打つ技術があっても体力がないと試合に勝てないということに気がつくはず・・・

体力というのは、マラソンのような持久力とはちょっと違って10mの超短距離ダッシュをして急に止まるを15秒位の短い休憩を挟んで1時間も2時間も続けることです。

体を動かすのが嫌いな人にとっては聞いているだけで気持ち悪くなる様な運動量ですよねがく〜(落胆した顔)

ですから、学生の時期に部活でやったりとかではなく、社会人になってから趣味で始めようという人はダブルスをお勧め

プロの試合とかもテレビでしないし、何となくマイナーな感じで面白くなさそう・・・と思うかもしれません。

いやいや、実はダブルスって凄く面白いんですよ。

一般のサンデープレイヤーはプロ選手や学生の様に体力のある人ばかりではありません。

だからこそ歳をとった人でも、テニスを始めたばかりの人でも試合を楽しめるダブルスで技を磨くことをお勧めします。

テニスを始めて面白くなってきた頃の人は特にダブルスの試合を沢山こなして、ボレーとサービスリターンの技術を磨きましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。