スライスサーブ

2011年04月07日

スライスサーブ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

初心者の人が試合をし始めた時、最初に突き当たる壁がサーブどんっ(衝撃)

初心者同士の試合の場合、ダブルフォルトの応酬でリーターンゲームの方が楽にゲームが取れるという事態をよく見ます。

エースが取れなくても確実に入って相手に攻撃されないサーブは無いものでしょうか?

それがスライスサーブですわーい(嬉しい顔)

初心者の人はまず一番最初にこのサーブを覚えると良いでしょう!

このサーブ1種類でファーストもセカンドサーブも同じ調子で打つのがベターテニス

よくファーストサーブはフラットで思い切り打って、セカンドサーブはただ当てるだけの様に緩ーい球・・・という人がいます。

ファーストが入ればよいのですが、セカンドサーブは殆ど相手に攻撃されてポイントをとられてしまう・・・

これでは確実にサービスゲームをキープする事はできません。

そこでスライスサーブです。

スライスサーブは、ボールに横回転を加えるので、落ちる球ではないのですが横に曲がりながら空気抵抗で多少落ちます。

また、バウンドは低く横滑りするので球のスピードが遅くてもタイミングが取り辛く、強打され難いのが特徴exclamation

そして、トスの位置が頭の真上より右の方に上げるので、体勢的にも楽で疲れた時によい、ボールが見やすいのでミスが少ない、等メリットの多いサーブです。

このサーブを、ファーストもセカンドも7割くらいの力で同じ調子で打つ練習をしましょう。

頭の真上より右の方に低めのトス上げ、トスの頂点でボールの横半分をカットどんっ(衝撃)

「シュッ」というボールを切る音が出る様にカット出来ればOKです。

あなたも殆どファーストサーブが入る!という自身が持てる様、スライスサーブをマスターしましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。