スピンサーブ

2011年04月08日

スピンサーブ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

スライスサーブが出来る様になると試合が楽しくなりますわーい(嬉しい顔)

サービスゲームでもサーブが入らなくてアタフタ・・・なんてことは無くなっていることでしょう!

しかも、ファーストサーブもセカンドサーブも同じ位の8分の力で打っていれば、殆どファーストサーブが入る様になりますテニス

もう、これでサーブはマスターでしょうか?

ここであなたは、ある事に気がつくはず・・・結構スピードも速くなってきたのに、相手のリターンが良くて意外とサービスキーブができない・・・

というのは、スライスサーブは右の方に滑って弾みますあせあせ(飛び散る汗)

それは相手のフォアハンド側です。

しかも反復練習の成果でいつも同じコース、同じ軌道、同じ弾み方、同じ速さ・・・

どんなに良いボールでも常に正確に同じ条件でそこに飛んでくれば段々タイミングが合って来るものです。

どんなに速いピッチャーでもいつもど真ん中に正確に投げ込んでくることが判れば、打ち返すことは可能!

タマには相手の虚をついたスローカーブも必要なのですひらめき

このスローカーブに当たるのがスピンサーブ

トスの位置が頭上前方のスライスサーブに対して、スピンサーブは頭上後方になります。

頭上後方のタマを打つ為にはラケットが寝た状態になり、ボールの後方を下から上に擦り上げる要領でうちます。

このボールの利点はフラットサーブ、スライスサーブと同じ力で打った場合に、ボールのスピードが遅くなることバッド(下向き矢印)

同じ振りの速さでボールの速さ、球の弾み方が全く変わること!

そして、球速が無いのに回転量が非常に多いのでボールが急激に落ちてフォールトしないことです。

スライスより、ボールが遅く、高く弾み、しかも多くの人が苦手なバックハンド側に弾んでいくのです。

スライスサーブ2〜3球にスピンサーブを1球混ぜてみましょう!

その1球でサービスゲームのキープ率がグンとアップしますよわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。