トップスピン バックハンド

2011年04月24日

トップスピン バックハンド

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

片手打ちのトップスピンのバックハンドで真っ先に思い浮かぶのが、往年の名手イワンレンドル手(グー)

テイクバックでは背中が見える位にしっかりとネジリ、背筋が伸びラケットもピっと上を向き、テイクバックだけでナイスショットが連想されるほどでした。

そのレンドル全盛のチョット後に出てきたステファン・エドバーグのバックハンドも非常にきれいでしたねわーい(嬉しい顔)

レンドルよりも薄いグリップでトップスピンもフラット気味の速い球ももっていました。

エドバーグは、フォアハンドのストロークは巻き込む様なスピンで余り威力を感じなかったので、特にバックハンドが際立っていた様に感じます。

2人はストローカーとネットプレイヤーでタイプが全く違いますが、その強力で美しいバックハンドでは共通点があったといえるでしょうひらめき

2人ともテイクバックでのネジリが非常に大きく、テイクバックした時は顔だけ前を向き、相手に背中が完全に見える位大きなテイクバックを取っていましたテニス

そのテイクバック時には高い位置にあったラケットは、一度急降下して地面に近い場所の軌道を通りインパクト、フォロースルーでは上方高く突き上げられます。

こんなに大きくテイクバックしたら振り遅れてしまいそうな気になりますが、テイクバックしないと球に威力なく、スピンも効きませんちっ(怒った顔)

初心者から脱皮したい人は、これら選手のバックハンドの動画なども参考にしましょう!

厚いグリップで打点が前の方がレンドル打ち、グリップが薄くて少し打点後ろならエドバーグ打ちとなります。

皆さんも自分の理想のバックハンドを(選手を)見つけてマネして見ましょうひらめき

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)



posted by テニスレッスンきみこ at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。