インサイドアウトのスイング

2011年04月27日

インサイドアウトのスイング

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

インサイドアウトのスイングというのは、オープンスタンスでトップスピンのフォアハンドを打つと自然とそうなりますわーい(嬉しい顔)

肘から手首、最後にラケットヘッドが一番遅れて出て来るスイング!

オープンスタンスで肘から・・・ラケットヘッドが一番遅くなる様にスイングすると肘がタタまれた状態からフォロースルーで前方の高い位置へ向って腕が伸びていきます右斜め上

この、縮んだ状態から(インサイドから)巻き込まないで、大きく外側(アウトサイドに)に振る時のスイング軌道が内から外なので「インサイドアウト」のスイングなんですねひらめき

要するに、トップスピンが得意な人がストレートから逆クロスに打つ場合は自然とインサイド・アウトに成るということですテニス

どうして、トップスピン打法ではこの打ち方が良いかというと、一言でいうと力のあるボールが打てるからパンチ

ポイントとしてはゴルフでも良く使われる用語の「ハンドファースト」で、ラケットヘッドが絶対に手首を追い越さないこと。

ラケッドヘッドが一番最後になることでヘッドスピードが速くなり、スピンもよく掛かり、ボールも早くなります。

打点をわざと遅らせて内側から外側へ振りぬくと、コースは逆クロスの方向に飛んで行き・・・

この場合はボールがコートの外側へ逃げていくサイドスピンも掛かり、バックサイドに逃げてゆく非常に有効な攻撃となるんですねどんっ(衝撃)

こういったボールなのでダウン・ザ・ラインのストレートを狙う場合、サイドスピンが掛かるとアウトになってしまいます。

ですから、ダウンザラインの場合は、スイング軌道がインサイド→アウト→インサイドにしましょう。

インサイドアウトはトップスピンのフォアハンドにおいては基本的なスイング軌道なので、自然出来る様に反復練習で身に付けておきましょう!

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。