アウトサイドインのスイング

2011年04月28日

アウトサイドインのスイング

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

この前はインサイドアウトのスイングについてお話しましたが、その逆のスイングもありますわーい(嬉しい顔)

外側から内側へのスイング・・・これはどういったときに使うのでしょうか?

テイクバックは外側の高い位置から、内側に引くようにスイングするとスライス回転の特にサイドスピンのかかったボールになります。

卓球の「カット打ち」みたいな感じですねテニス

これを使う・・・というよりは、自然にこういう打ち方に成ってしまう時は、ボレーで体に近いボールを処理する時exclamation

体の中心付近に来たボールは、フォアハンドでもバックハンドでもアウトサイドインのスイングでボールを横方向にカットするように処理しましょう。

最初は「横に振っているのになぜ前に飛ぶのか?」と不思議に思うかもしれませんが、カットされたボールはアウトし難く、サイドスピンによって横に滑るように弾むので相手にも攻撃され難く、意外と重宝します。

一度使ってうまくいくと病みつきになって使いすぎてしまうかも・・・

また、こういったトラブルを回避する為の使い方の他に、ストロークの途中で相手のボールが短くなったときにアプローチで使うという手もありますね。

サイドスピンスライスのアプローチは滞空時間が長く、ネットにつく時間をしっかり稼ぐことが出来るんですひらめき

しかも球が伸びるので球が深くなり、横に滑って弾むので相手の球が浮いてくるのでボレーも決めやすいのです。

スライスというとバックハンドを連想しますが、こういった打ち方をフォアハンドでも取り入れていきましょう!

プレーの幅が広がって、ペースを変えたり出来る様になるので試合で非常に有効なテクニックですわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)




posted by テニスレッスンきみこ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。