フォアハンド逆クロス

2011年05月02日

フォアハンド逆クロス

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

得意なショットは?と聞くと「フォアハンド」と答える人が多いと思いますわーい(嬉しい顔)

バックハンドを両手で打っている人でも片手のフォアハンドの方がなぜが自信を持って打てるものです。

なぜかと言うと利き腕というだけでなく、体のバランスや特に利き目も関係していると思うのですが、これはまた別の話で考えるとしましょう。

その得意なフォアハンドを最大限に活かすのが逆クロスのコースへ打つショットテニス

なぜ有効かというと、逆クロスということは通常バックハンドで打つ球を回り込んで打つので、フォアで打つ強烈なショットが相手のバックハンド側に逃げていくショットとなるからです。

このため、来ると判っていても苦手なバックハンドで強い返球ができないか、バックハンドが得意だとしても逃げていく球に強力な返球は難しいでしょうがく〜(落胆した顔)

このように強力な武器!フォアの逆クロスの打ち方ですが、まずグリップはウエスタングリップ等の厚いグリップが適しています。

相手のボールが緩い球で自分のバックサイドに来たら素早くサイドステップで回り込んで下さい。

ボールに併せてゆっくり回り込んで直ぐに打つよりも素早く回り込んでボールが落ちて来るまでに待つ位の余裕が必要ですひらめき

この時スタンスは、そのままストレートに打つような格好のオープンスタンスが良いでしょう。

こうしてオープンスタンスでじっくり待ってから打つことで相手の動きが止まり彼方の打ったボールへの対処が一歩遅れ、少し甘いボールに成ってしまっても決まる確率が高くなります。

ボールを打つ上での注意点は、ラケットヘッドを下げて打点を遅らせ気味にして一気に振りぬきますパンチ

速い球を打てというわけではありませんが、トップスピンを掛けて力のある球を打たなければなりません。

ただ逆クロスのコースにポーンと緩い棒球をうってしまうと・・・それが逆クロスを打つ為の格好なチャンスボールになってしまうので注意しましょうexclamation

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。