ジョン・マッケンロー

2011年05月04日

ジョン・マッケンロー

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ジョン・マッケンローという選手をご存知でしょうか?

審判の判定に納得がいかないとコート上に寝転がったり、罵声を浴びせたり・・・「悪童」と言うニックネームの通り、お世辞にもマナーが良いという選手では無かったと思いますふらふら

この時ライバルであったビヨン・ボルグという選手は正反対で審判の裁定にはどんな時でもクレームをつけることが無かったのでマッケンローはいつもヒール役という感じでした。

しかし、この選手ほど才能にあふれた選手は本当に稀で、独特のフォームから繰り出されるスーパーショットの数々に何度魅了されたことか・・・テニス

また、ライバルのビヨン・ボルグが80ポンドというウッドラケットの限界と言われるテンションでガットを張っていたのに対し、マッケンローは女性でもかなり緩い方ではないか・・・という45ポンド程度のテンションであったのも印象に残っています。

当時、ボルグのマネをしてガットをギチギチに張るか、マッケンローのマネをして緩々に張るか・・・迷ったものでしたが、どちらにしろ一般のプレーヤーにはロクな結果には成りませんでしたわーい(嬉しい顔)

マッケンロー選手のマネをしたい部分は、私は「力の抜き方」ではないかと思います。

一見、やる気が全くないようなダラーっとした感じのテイクバックからは想像もできないキレのあるショットがマッケンローの持ち味!

これはダラーっとしたテイクバックで完全に力が抜けた状態からインパクトの一瞬でビシッとラケットのヘッドが走ります。

この頃は動画というものが無かったので連続写真などを雑誌で良くみましたが、あんなに独特のフォームに見えたマッケンローのフォームはインパクトの瞬間は非常にキレイでしたひらめき

特にサーブは超クローズドスタンスでコースが読めない、ナチュラルにスピンが掛かりやすい打ち方なので、この打ち方がマスター出来れば現代テニスでも強力な武器になると思います。

この様にマナー的には決して誉められたものではありませんでしたが、独特なフォームの元祖「天才選手」であったと思いますわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。