ライジングショット

2011年05月06日

ライジングショット

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

通常ボールは弾んでから一番高い位置の頂点を通り過ぎてから下がってきたところを打ちますわーい(嬉しい顔)

なぜなら、その位置に来た時には相手のボールの球威が落ちていることと自分が充分に準備が出来ることからミスなく楽に打ち返せるからです。

これに対して、一歩前に出てボールが弾んでから上に向って上がっている途中で打ち返すショットのことを「ライジングショット」と言います。

ライジングショットは球威が有り、未だスピードがある時点で打つので非常にミートするのが難しい難度の高いショットむかっ(怒り)

その上、準備する時間が短い、ボールが上がってくる軌道で打つので普通の時とラケット面の向きが微妙に違う等・・・

こんなに難易度が高いショットで何かメリットがあるのか?と思ってしまいますよねがく〜(落胆した顔)

実は、難しいだけのことはあってメリットは絶大で、球のスピードがそれ程でなくとも返球されてくるテンポの早さに相手はついていけなくなるのです。

試しに上手な人に自分の球を全部ライジングで返してみて下さい!とお願いしてみてラリーをしてみましょう。

ランポが早くて全く続かないでしょう。

自分の球も相手の球もそんなにスピードがなくてもライジングで返ってくるとコースも読み難いし、どうしても一歩遅れて、段々追い込まれていきますもうやだ〜(悲しい顔)

これを自在にコントロールできれば、強打しなくてもテンポで相手を追い込んでいくことが出来ます。

どの様に打つかと言うとテイクバックは小さく、確実にラケットの真ん中に当てることに集中します。

また、ボレーと違ってフォロースルーは長めに取って球が短くならないように気をつけましょう。

面作りと上がり際を叩くタイミングは慣れるのみですので、練習で感覚をつかんで下さい。

高度なテクニックではありますが、体の小さい人や非力な人もこういったサーブ&ボレーとはちょっと違ったスピードテニスで活路を開いてみてはいかがでしょうか?わーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 02:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。