ムーンボール

2011年05月18日

ムーンボール

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ムーンボールとは、中ロブのことですわーい(嬉しい顔)

いわゆるロブよりも軌道が低く、トップスピンロブと普通のストロークの中間といった軌道になります。

相手がネットに居る場合は、手の届きそうな軌道なので上級者相手に打つと叩かれてしまいますが、中級レベルの相手にはこういった球をわざとボレーさせるというのも一つの手ですテニス

このように、相手がベースライン、ネットの何れに居てもペースを変えるには格好のボールです。

山なりでネットより遥か高い軌道を通すので当然球速は遅くしますが、その分しっかりとトップスピンを掛けるので「軽く抑えて打つ」というわけではないので注意してください!

打ち方としては、腰よりも高い時にボールの遥か下よりに近い軌道で擦り上げます右斜め上

相手の球が低い時にはラケットの軌道上、下から上に擦り上げてスピンを掛けるのが難しいので、あまりお勧めはできません。

バックハンド側の高いボールが来た時に、打点が高くて叩き込むには力が入らない場合に、このボールで処理するのが有効です。

打つ場所は相手のバックハンド側でなるべく深い位置が良いです。

相手がネットに居る場合でも打つのはバック側が鉄則です。

フォア側に中途半端なボールが上がると叩かれて終わり!ってことになりますので・・・がく〜(落胆した顔)

打つ位置はなるべく深くと言いましたが、大事なのは深さよりもスピンの量

バックサイド側に特にスピードは無いけれどスピンが効いている高く弾むボールというのが一番相手がイヤがる球ですよね。

逆にスピンが少ない素直で緩い球は、いくら深くても意外と叩きやすいものです。

相手が上級者ならスピンに加えて深さも必要ですが、中級レベルならスピンと深さどちらかと言えばスピンの効いた球の方がイヤがられますあせあせ(飛び散る汗)

ですから、緩くてもベースライン一杯に決まるロブとは違ってムーンボールは深さよりもスピン重視で打ちましょう!

これらを踏まえて、ムーンボールだけでなく普通のストロークもスピードを緩める時は「手加減」で緩めるのではなく、スピン量でコントロール出来るように練習してみましょう!

バックアウトしてしまう、ストロークミスが格段に減ると思いますわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。