サイドステップ

2011年05月26日

サイドステップ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

フットワークの中でサイドステップというステップがありますわーい(嬉しい顔)

テニスというスポーツは手を使ってボールを打つのですが、足の動きでショットが成功するかどうかの8割方が決まってしまうほど、フットワークは重要!

足が動かない選手は小手先がいくら上手くても試合では勝てないのですもうやだ〜(悲しい顔)

しかしフットワークとは、いくら足を動かすといってもヤミクモに速く走れば良いわけではありません。

特にテニスの場合、速く走ることと同じくらいピタっと止まれることが非常に重要なのです手(パー)

短い距離を移動してピタっと止まる、または移動中に逆に来た球に対応して反対方向に反転して直ぐに走る・・・こういった動きが必要になります。

短い距離を速く移動するためには100m走のようなトップスピードは必要ありません。

例えば最高時速40kmまで出るがスピードが出るまで10秒かかる人と最高時速30kmまでだけれと1秒で最高時速になる人、どちらがテニスで速いか?と聞かれたら30kmまでの最高時速の人の方が速いのですひらめき

また、用意ドンっといわれて一歩目の反応が早いということも重要です。

この様に、陸上競技とは違うテニスのフットワークなのでサイドステップという、カニの様に横向きに走る動きが必要になります。

どんな時にサイドステップを使うかと言うと、一度走り出した方向と逆のコースを相手が打って来たとき、直ぐにストップして、反対方向に再度ダッシュして戻る時に使います。

よって、自分がストロークを打ち終わってセンターに戻る時はサイドステップでセンターに戻るようにしましょうexclamation

こうすれば、逆をつかれてもそのままの横歩きの体勢でスグサマ戻ることが出来るからです。

相手のショットがコーナーに決まって自分のサイドにオープンコートが出来てしまってセンターに戻らなければならない時、焦って猛ダッシュで戻るのはNGふらふら

焦らず、サイドステップで相手が打つまで戻るクセをつけて下さい!

猛ダッシュでボールを追いかけて走るのは相手がボールを打ってからにしましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。