スプリットステップ

2011年05月31日

スプリットステップ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

スプリットステップとは、真上に軽く飛んで両足を肩幅より少し開いて着地するステップですわーい(嬉しい顔)

いつ使うのか?というとサービスリターンの時、相手がサーブを打つインパクトの瞬間にトンッと着地exclamation

また、サービス&ボレーでネットダッシュし相手がリターンを打つ瞬間にもトンッとexclamation

他にもストローク戦の最中、サイドステップでセンターに戻っている時、やはり相手が打つ瞬間もトンッと着地しますexclamation&question

もうお分かりかと思いますが、このステップは相手が打つ瞬間にどちらの方向にでも飛び出せる様に一度走るのを止めるのが目的となります。

ですので、あまり大きく跳ぶ必要はありません。

本当に飛んでるのが分かるかどうか?位の小さいジャンプでOKひらめき

しかし、タイミングは非常に重要で、必ず相手が打つ瞬間のインパクトかそれよりもほんの少しだけ遅れ気味に着地します。

どうしてインパクトの瞬間よりもちょっと早く着地しないかというと、インパクトよりも若干後にならないと相手の打ったコースが分からないからです。

打ったコースが分からないとステップを踏んで着地してひざが曲がった状態で動きが一瞬止まってしまいます手(パー)

ステップの目的は、移動するのを止めますが足の動きは止めたくないので移動しないでその場で飛ぶということなので、コースが分からないで着地した状態で動きがとまってしまうと意味がありません。

必ず、トンッと着地した瞬間にコースが分かってそちらの方向に飛び出せるように、インパクトの瞬間に飛び着地はコースが分かる若干遅れた時がベスト!

このステップをマスターすると一歩目が俄然早くなり、早く走らなくても楽に球に追いつき余裕が出ます。

余裕は安定した姿勢を作るのでミスが減るのです。

直接ボールを打つ動きではありませんが、非常に重要なテクニックですので練習してみましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。