アプローチショット

2011年06月01日

アプローチショット

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

アプローチショットは、ネットにつく時に打つ球ですわーい(嬉しい顔)

ネットプレーが優位に進むか、逆襲をくらってせめこまれてしまうか・・・この一球で8割がた決まってしまうといっても過言ではありません!

サーブ&ボレーと違ってアプローチショットは、相手のボールに合わせて打ち方が変わって来ますひらめき

簡単に言うと2種類で、相手のボールが短く殆どその一球でも決められそうなチャンスボールの時の打ち方と、ストローク戦の均衡を破るためにそんなに短くない球の時にネットに着くときの打ち方です。

最初のチャンスボールの時は、フラット系のボールで相手のいないオープンコート側に決めるつもりで打ち込むむかっ(怒り)

この場合は、しっかり打ち込むのでネットプレーへの移行が若干遅れるのと自分のボールが速いので相手の返球も早く帰ってきます。

ということはネットダッシュしている時間はあまりありません。ですから、短いボールでないと相手の返球があった場合に間に合わないのですがく〜(落胆した顔)

次に一球で決めるにはネットまでの距離がある程度離れている場合のアプローチですが、この場合はアンダースピンもしくはサイドスピンのかかったスライス系のショットで打ちましょう!

理由はスライス系のショットは、球速が遅く滞空時間が長いため相手が返球するまでに時間がかかるのでネットダッシュしてネットに着く時間を稼げるためひらめき

また、フラット系ドライブで遅い球はちょうどよい高さにバウンドしてしまい相手にとってチャンスボールになってしまうのですが、スライス系は低く滑るので相手の打つコースが限定できて次のネットプレーがし易くなるためです。

打点が低くなるということは、トップスピンをかけ難く、また鋭角のショートクロスのショットも非常に確立が悪くなるため、強いボールは殆どセンターにしか打てなくなります。

よって、次のボレーはセンターに強いボールを意識しておけば、その他のコースは緩いボールになるという計算手(チョキ)

また、アプローチショットは次のボレーとのコンビネーションだと考えることによって、その一球で決めなくても良くなるのでミスも減ってくるでしょう!

このような点に注意してアプローチショットで自分から仕掛ける積極的なテニスを展開してみましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。