スプリットステップ 足さばき

2011年06月02日

スプリットステップ 足さばき

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

以前にもスピリットステップについては解説しましたが、重要なテクニックですので更に掘り下げていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)

前回の解説は主にスプリットステップのタイミングについてでしたが、今回は足の動きやステップの方向等について!

まずは、サービスリターンの時のステップですが、相手がサーブを打つ時リターンする自分は動きが止まっていますよね手(パー)

やってみると判るのですが、動きが止まった状態からインパクトの瞬間にタイミングをバッチリ合わせステップするのは非常に難しいです。

この場合、相手がトスを上げてサーブのスイングをしている間は片足を半歩前に出して体をユラユラ揺らして常に動いている状態をキープしましょうexclamation×2

これは、ユラユラゆっくりした動きからステップを踏んでどちらかの方向に飛び出すという一連の流れがボールに対して最も反応が早いからです。

そして、この時のステップは両足とも真横に足を出すステップします。

サービスリターンは下がったり前に出たりという前後の動きがなく、横への反応のみとなるので真横に足を出すのです。

次にネットダッシュ時のスプリットステップですが、この場合は走っている前方向動きを止めるのが重要exclamation

ですから、ステップは真横よりも片足が靴一足分位前に出る「斜めステップ」を踏んでみましょう!

これで前方向の動きを止めるように踏ん張りが利くのと反応する方向が後ろになる場合に対応し易く、ネットダッシュ時のロブに直ぐに反応して後ろに下がる場合1テンポ早くなりますひらめき

最後にストローク中のセンターに戻っているサイドステップ→スプリットステップの場合!

この時もやはり「斜めステップ」が良しです。

なぜなら、ストローク戦では、しばしばドロップショットやショートクロスの短いボールに対応する前への動きがあります。

これらに1テンポ早く対応するために、真横ではなく「斜めステップ」という足さばきをマスターしていきましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。