ドロップボレー

2011年06月04日

ドロップボレー

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ドロップボレーはネットで打つ、短い球足のボレーですわーい(嬉しい顔)

まずは一般的なイメージのバックスピンの効いたドロップボレー!

普通のボレーの構えからインパクトの瞬間にラケットを上向きに開きボール下面をジョリっとカットするイメージで打ちます。

フォロースルーも極力小さく抑え、ネット際にポトリと落としますひらめき

注意しなければならないのは、ボールが上に上がり過ぎないこと!

ボールが上がり過ぎるとワンバウンドしてもう一度地面に着く前に相手に追いつかれてしまいます。

スピンをかけるためにフォロースルーが大きく成りすぎると球が上がってしまう、ただラケットを開いて当てるだけではバックスピンが掛からずに球が上がってしまう・・・がく〜(落胆した顔)

球が上がらずにスピンがかかる、微妙なサジ加減が必要な難しいショットです。

そこで、もっと簡単で確実なドロップボレーを紹介します。

このボレーはローボレーからミドルボレーの高さがやり易く、特にバックスピンは掛けません手(パー)

ラケットをボールの軌道上に置いておいて、振りもしませんし踏み込みもしません、おまけにラケットも軽く握ったままでパンチも加えません。

ですから、ラケットの真ん中に当たるのが必須じょうけんですね。当たらなければ、その場にボトリとボールが落ちネットに届きません。

ラケットをボールの軌道上に打ちたい方向に面を作って当たるまで待ちます。

後は、ガットの反発で勝手にきれいなドロップボレーになりますひらめき

ここで注意するのは打つコース!この打ち方はスピンが効いていないので相手方向に高く弾んだらチャンスボールになってしまいます。

ネットの少し上の低い軌道でショートクロスの方向に打ちましょう!

これによって、多少弾んでも相手に拾われる心配は少なくなります。

最初に紹介したバックスピンドロップよりもタッチやセンスが必要なく、練習して感覚をつかめば誰にでも導入できて、調子が良いとか悪いに左右され難い安定したテクニックです。

練習してネットプレーの幅を広げてみてはいかがでしょうかexclamation&question

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。