ショートクロスボレー

2011年06月06日

ショートクロスボレー

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

前回はストロークでのショートクロスについて解説しましたが、今回はボレーでのショートクロスですわーい(嬉しい顔)

ボレーではショートクロスとはあまり言いませんかね? そうっ鋭角ボレーとか言いますね。

この鋭角ボレーは、非常に決まると格好良いですし、何となく高度なテクニックの様に感じるのですが、打つ状況によっては意外と簡単に打てるものです。

どんな状況がこの鋭角ボレーに適しているのでしょうかexclamation&question

まず、一点はネットに近いこと・・・ネットにどの位近いかというとネットから30cm以内の「ベタ着き」状態ならベスト!

1m以内が最低線でしょう! それ以上離れての鋭角ボレーは、相当な技術とセンスを要します。

技術とセンスを持っていたとしても確率が非常に落ちるので試合で使えるものではないでしょう!

話戻りまして、ネットに近い状況に加えて更に胸から頭位の高さのボールがベスト!

それ以上の高いボールも届く範囲なら鋭角には打てますが、体勢的に苦しくなるでしょう!

また、ローボレーはネットにつめている状況ではそんなに来ないというのと、もしローボレーが来た場合は、鋭角に打つにはドロップボレーになってしまうので、ここでの解説はしない様にします。

以上の2点に加えてネットのセンター付近ではなく、フォアかバックどちらかのサイドに寄っていれば状況としては完璧ですひらめき

整理するとネットにベタ着きの30cm、胸の高さで、フォアサイド寄りのボール・・・ この時にラケットを立てて、ボールの横面をカットするようにボールを捕らえます。

テイクバック、フォロースルーも殆ど要りません。

打つときに重要なのは、ラケットを垂直近く立てること、あまりアンダースピンを意識せず、下に叩きつけるか?もしくはサイドスピンを掛けるようにしましょう!

球足が伸びてしまうとサイドアウトしてしまうので、短くなるボールを打つこと!

ラケットを立てるだけでこちらのコースに打てるようにして、ショートクロスに打つことが読まれない様に練習しましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。