スライスロブ

2011年06月07日

スライスロブ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

スライスでロブを打つ状況って、実は非常に多いんですよわーい(嬉しい顔)

ロブというと高く上げて落とすのでトップスピンロブをイメージするかもしれませんが、攻撃的なこのロブは我々サンデープレヤーレベルでは非常に好条件でなければなかなか打てません。

逆に、このスライスのロブを打つ機会の方は凄く多いですバッド(下向き矢印)

ロビングというのは、フラットで打つのは非常に難しく、微妙なタッチが必要です。

そして難しい割りに素直にバウンドするので、返球もされやすくメリットがありません。

よって、トップスピンかスライスのどちらかの回転を掛けることになります。

まずトップスピンロブは、腰より下の球ではなかなか成功しないでしょうもうやだ〜(悲しい顔)

というのは、下から上のスイングでヘッドを加速させるのに低い球では距離が足りないからです。

また、あまり走らされて腕が伸びた状態も下から上のスイングが出来ないのでトップスピンロブが打てませんね。

これらより、こういった低い球、遠い球がスライスロブの格好条件となります。

打ち方は、簡単でラケット面を思い切り開いて(上向きにする)ボールの下半分をカットグッド(上向き矢印)

フラットのロブの様に微妙なタッチは不要!結構思い切りカットしても大丈夫ですよ。

打つ力がボールの回転に逃げるのである程度の力で打ってもアウトしません!

走らされて、相手はネットに着いている!という状況で、どんな体勢からもこのロブをアウトしないで打てるようにしておきましょう!

きっと試合で貴方の大切な起死回生の懐刀(ふところがたな)になると思いますよわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。