ストレートリターン

2011年06月09日

ストレートリターン

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ストレートに打つリターンについて解説しますわーい(嬉しい顔)

サーブは常にクロスコートの方に打ちますよね。 

これは、対角側のサービスエリアに打つルールなので必然的にそうなります。

その際、相手がサーブを打つ場所にもよりますが、ストレートが大きくオープンコートになっている事がよくあります。

サーブというのは、サイドラインに寄って打つとより角度がついて距離が長くなりますよねひらめき

ダブルスでは、反対側のサイドは前衛がカバーしているのでこうしてサイドラインに寄ってサーブを打ちます。

一般的なサンデープレーヤーはダブルスの試合をすることが多く、こうした位置でサーブを練習していることが多いのです。

そして、シングルスの試合でも結構多くの人がその位置のままサーブをしています。

しかし、ダブルスでは反対側のサイドは前衛が居ますがシングルスでは居ません。

ストレートに打たれたら、そんなに強烈なショットでなくとも相当走らなければ返球できないですよね。

そうです、こうした位置でサーブをする人に対して、ストレートに打てればリターンゲームをかなり優位に進めることができますテニス

しかし、クロスに飛んできたサーブという速い球をコースを変えてストレートに打つ!ということは結構難しいもの!

と言うよりも、殆どの人がそういった練習をしていないのです。

だから、広大なオープンコートが空いているのにそこに打つとミスしてしまうのでチャンスでも打てないままになってしまいます。

逆に、こういった練習を積んでいればリターンゲームが優位になることによって試合全体を楽に展開できるようにexclamation

ストレート打ちは「球を引き付ける」というのが重要なポイント、打点までボールが来るまでしっかり待って、打点に来たら一気に振りぬく!

球が流れてサイドアウトしてしまうので、加減して緩いスイングにならない様にだけ注意しましょうひらめき

これが打てればサービスブレイクは簡単!

相手も試合中にサーブを打つ位置など直せないので、その試合は貰った様なものですよわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。