リターンダッシュ

2011年06月11日

リターンダッシュ

私がプロテニスの試合でリターンダッシュを見たのは、かなり昔のレンドル対マッケンローの試合でしたわーい(嬉しい顔)

当時、レンドルの強力なストロークに結構やられていたマッケンローがサービス&ボレーだけでなく、リターンでも全てネットに着く作戦を取ったのには本当に驚き、衝撃を覚えました。

オールラウンドプレーヤーでもリターンまでネットに着くというのは、なかなかしませんよね。

しかし、相手のストロークが非常に強力で力勝負では、どうやっても勝てない時は、ただ押されっぱなしでそのまま終わるよりは、リターンでも前に出る攻撃は起死回生になることがありますひらめき

ストロークプレーよりもオールラウンドなプレー、パワーよりも組み立てやネットプレーで決めていくというタイプの選手には、こういう戦法も出来る様にしておきたいものexclamation

さて、方法ですが、幾ら何でもファーストサーブをリターンダッシュするのは難しいでしょう。

ファーストサーブをリターンダッシュ出来なければ、殆どチャンスが無いじゃないか!と思うかもしれませんが、大丈夫!

サンデープレーヤーの試合ではファーストサーブの非常に早い人の殆どが、ファーストサーブが入る確立は5割以下なのですがく〜(落胆した顔)

また、全てスピンサーブでファースト、セカンド同じ調子で打つ人も多く、サンデープレーヤーのリターンダッシュはスピンサーブに対応出来れば良いということが判ります。

スピンサーブの上がり際をライジングをアウトサイドインのスイングで高いテイクバックから下へ押さえ込む様にスライスを打ちます。

この時大事なのは、相手がサーブを打つ瞬間にスプリットステップを踏むこと!

出来るだけ高い位置にテイクバックすること、フォアでもバックでも相手を走らせるようにオープンコートに打つこと!ですわーい(嬉しい顔)

タイミングが摘めれば意外と出来る様になります。

ポイントは意表をついて早いテンポで返球していくことです。

キチンとしたコースに行かなくても意外と相手はあたふたとミスをしたりします。

何にしても練習していなければ出来ませんexclamation×2

一連の動きが出来る様にしっかりと練習しておきましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)
posted by テニスレッスンきみこ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。