フェイク ポーチ

2011年06月20日

フェイク ポーチ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ポーチというのは、突然飛び出すので相手に読まれずに決まるものですわーい(嬉しい顔)

ということは、毎回毎回同じようなパターンでポーチに出ていたら相手に読まれてしまって決まらなくなりますよね。

しかし、人間というものはどうしても無意識でいるとパターンにはまってしまって同じような動きをくりかえしていまうものexclamation

瞬時に相手のパターンを読んでくる賢い相手や何度も対戦している相手にはクセであなたがポーチに出ることを知らせてしまっているということですがく〜(落胆した顔)

では、相手に読まれないようにパターン化しない行動をとるには、どうしたらよいでしょう?

パターン化しない行動をとるには、コンピュータに乱数でも出してもらって、それに従い行動するしかありません!

人間が自分でランダムに動くのは不可能だと言われています。

しかし、逆に人間はコンピュータの様に相手の行動を見抜くことも出来ませんひらめき

相手に迷いを生じさせる為に、ポーチに出るマネをしてやっぱり止める「フェイク」をしてみましょう!

そう、何度もする必要はありません。成功しようが失敗しようが構いません。

但し、相手に判るように、見せ付けるようにフェイクを入れましょう!

これで、フェイクが決まってボレーが決まれば相手は次にあなたが動いてもフェイクかもしれないのでパスを打てなくなります手(パー)

例えフェイクが決まらなくても相手にあなたの動きが見えれば、あいては次にあなたが動いたときに迷います。

こうして、自分の動きがパターン化しても相手のコンピュータを狂わせてしまうのがフェイクという技!

ダブルスでポーチとセットで必ず必要になります。

1試合に1、2度見せるだけで非常に効果が期待できますので是非試してみましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。