オーストラリアンフォーメーション

2011年06月21日

オーストラリアンフォーメーション

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ダブルスのフォーメーションで有名なフォーメーションにオーストラリアンフォーメーションというものがありますわーい(嬉しい顔)

通常サーブを打つサイドのクロス方向(サーブを打つ方向)に前衛が居るものですが、このフォーメーションでは、ストレートつまりサーブを打つ人の真正面に前衛が居るという変わった陣形!

どんな場合にこういった陣形を取るか?というと相手のショートクロスへのリターンが厳しい場合によく使いますテニス

サーブを打つ側も慣れないと違和感がありますが、リターン側はもっと違和感があります。

普通に考えるとストレート側がガラ空きなのですが、これをカバーするためにサーブはセンターから打ってサーバーはネットダッシュしてもベースラインにステイしても直ぐにストレート側をカバーします。

通常通りサーブをサイドラインに近い位置で打つとストレート側が大きく開きすぎてカバーしきれなくなってしまうので注意しましょう!

この陣形では、クロス側のリターンが非常に良く、ポーチでポイントがなかなか取れない!こんな時に前衛を相手の得意なリターンコースに予め置いておける・・・これにより相手がリターンし難くなるというのが最大のメリットですひらめき

クロス方向へのリターンが上手くいっている時にそのコース上に人が居たら、力んでなかなか自分の思ったとおりのコースに打てなくなるものです!

このフォーメーションは、相手のリターンコースに前衛を置くことにより前衛にボレーで決めさせようというよりも相手にリターンコースを考えさせ、迷わせる為のもの!

直接ボレーで決められなくても相手のクロスのリターンのリズムを狂わせることが出来れば、このフォーメーションの意味がありますexclamation

練習しておいて、相手のクロスのリターンが良すぎて困っているときに試してみましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。