シングルスボレー ポジショニング

2011年06月30日

シングルスボレー ポジショニング

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

シングルスでのボレーではどの様な位置にポジションを取るとよいでしょうわーい(嬉しい顔)

シングルスでネットに付いた時のポジショニングは横の動きでのセンターリングは基本的にストロークのものと大差ありません。

ネットプレーでは、前に出てネットに近ければ近いほど相手が打つ角度が狭くなり、パッシングショットが抜き難くなるので横の動きは比較的小さくなります。

ストロークと大きく違うのは、前後の大きな動きがあり、このポジショニングが加わるためにネットでの動きが非常に難しいと感じるのですもうやだ〜(悲しい顔)

アプローチショットやサーブを打ってネットに付き相手のリターンを最初に打つのがファーストボレー!

ファーストボレーで大事なのは、早めにしっかり止まって打つことです手(パー)

特にサーブ&ボレーの場合、サーブの球が速いとリターンの返球も早く帰ってきます。

ここで、あまりネット近くまで行こうとすると走りながらボレーを打つ事になってしまい、視線がブレて正確なボレーが打てません。

サービスライン付近でしっかり止まって、深いファーストボレーを打ちましょうexclamation

ここで深いボールが打てれば、次のボレーは決めるために3歩前に出てスプリットステップ!浮いた球、短いロブなら決め球を打つために更に前に出ます。

ここで高く深いロブが上がったら下がりますが、少し下がってハイボレーで処理した場合は、再度ファーストボレーのポジションからやり直しといった感じになります。

この様にボレーでのポジションは1球毎に前に前に出ます、但しネットから1m以内のポジションに居て決められない場合には、ロブで逆襲されるのでここで長い間とどまることは難しいでしょう。

1球1球前に出て丁寧に詰めていきますが、ここがチャンスと言うときは一気に決めなければなりません。

ファーストボレーの位置、そこから前に出た決める位置は長居は無用の危険地帯でもあることを体で覚えるまで練習していきましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。