ジャンピングストローク

2011年08月03日

ジャンピングストローク

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ジャンピングストロークとは、文字通りジャンプしながらストロークを打ちますわーい(嬉しい顔)

どんな状況で打つのかというと、プロや上級者の打つそれは、浅い球を前に出ながらスマッシュの様に叩き込むとき!

こうした場合、前に出ながらという動きからショットは非常に強力になりますがスピンを掛けるのは難しく高い打点から下に打ち込まないとアウトになってしまいますがく〜(落胆した顔)

また、チャンスボールに向かって前に行く時、歩幅が合わずにミスをしたことがありませんか?

小股で距離を併せて打つより、ジャンプして小股の区間をすっ飛ばしてしまった方がスイングのタイミングをボールに合わせ易いのです。

これが上級者、プロの使う攻撃型のジャンピングストロークです。

錦織圭選手の得意な技で決め球に良く使われますねひらめき

勿論、上ではメリットばかり書いていますが、空中に浮いた状態で打つのでボディバランスが難しいショットなのでタイミングを掴むまでは相当練習が必要です。

そして、もう一つは是非サンデープレーヤーに使っていただきたい守備的ジャンピングストローク

ストローク戦の中で相手が強烈なトップスピンで高く弾むボールを打ってきた時!

今までは打ちやすい打点迄下がって打っていませんでしたかexclamation&question

これを下がって打つと相当後ろまで下がらなければなりません。

当然次のショットはもっと相手に追い込まれてしまいます。

これを回避するため、下がらずにその場で高く飛んで同じようなスピンを掛けた中ロブで返球します!

ここで大事なポイントは、真上かもしくは若干後方に飛ぶこと右斜め上

こういった場合は前方向に飛ぶとスピンがしっかり掛からずにアウトしてしまうことが多いので・・・

後ろに飛びながらスイングは思い切り下から上に振り抜きスピンを十分にかけるのが重要です。

一見「邪道」の様に思えるジャンピングストロークですが、この様に攻撃でも守備でも結構重要なテクニックですのでしっかりとマスターしておきたいですねわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。