チェンジ・オブ・ペース

2011年08月05日

チェンジ・オブ・ペース

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

チェンジ・オブ・ペースという言葉を知っているでしょうかexclamation&question

そのままの意味で「ペースの変化」ですわーい(嬉しい顔)

簡単に言うと「緩急」を使い分けることで、これはテニスだけではなくスポーツ全般において必要不可欠な技術といえます

野球でも緩いカーブと速いストレート・・・この球速の差が大きければ大きいほどバッターはタイミングが合わずに打てなくなりますね

テニスでも同様でもの凄くスピンの効いた遅い球、フラットの速い球を1球毎の交互に打てたら相手は困惑して、ラリーは長く続かないでしょうテニス

同じコースに打っても緩急をつけると左右にコースを打ち分けているのと同じ効果「変化」を与えることが出来るのです

しかし単純に1球ずつ交互に打っていたら相手にも慣れられてしまいますふらふら

テンポ良くラリーが続いている時に均衡を破るように緩い球や異なった球種を打ってみましょう!これが相手の体制を崩す効果を生むのです!

普段ラリーで使う得意な球種が人それぞれ違うので、打つボールの組み合わせについても人それぞれひらめき

例えばフォアもバックもヘビートップスピンのストロークでラリーをする人は、ラリーの中にフラットの速い球を混ぜてみましょう!コースが甘くても相手は振り遅れたりしてミスをしたりします

逆に、回転の少ないドライブで普段のラリーのボールが速い人はヘビートップスピンの中ロブを織り交ぜてみましょう!

速い球が続いている時に緩い球を織り交ぜるのは勇気が要りますが、急にきた緩い球を叩いて一発で決めるのは非常に難しいもの!

叩こうとすると大概はミスしますし、ミスしなくとも相手は意表をつかれて攻撃は出来ないことが多いので思い切って緩い球を打ってみましょう!

こうして言葉で言うと非常に簡単そうですが、試合中のラリーで速くても遅くても同じペースで打っている時に「変化」させる時は自分もミスをし易いものです!

練習中のラリーで自分の得意な球種と正反対の球を急に打てる様にミッチリ練習しておきましょうねわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。