サーキュラースイング

2011年08月06日

サーキュラースイング

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

サーキュラースイングとは、テイクバックでラケットがグルリと円を描くような打ち方ですわーい(嬉しい顔)

大そうな名前のように聞こえますが、プロ選手の間では非常に一般的ですし、一般のプレーヤーでも自然にこういった打ち方をしている人も多いですよ。

打ち方は、ラケットを真っ直ぐ後ろに引かないで、ラケットに添えた左手で一度上の方にラケットヘッドを放り投げますグッド(上向き矢印)

ラケットヘッドは引いた位置では最高点でそこから急降下し、最下点から斜め上前方に振り出されますテニス

このスイングの利点は真っ直ぐ後ろに引くテイクバックと異なり、テイクバックを開始からインパクトフォロースルー迄ラケットヘッドが停止することがないこと!

停止しないということは、動きが滑らかになりスイング軌道が安定するのです。

また、ラケットを上に放り投げてからインパクト迄ヘッドが止まらないのでラケットヘッドを加速させる充分な距離が稼げるのでインパクト時のヘッドスピードが速くなります。

ヘッドスピードというのは思い切り振れば速くなるわけではなく、力が抜けた状態で振り切ることが秘訣!

大きく振り切るためには、ヘッドを止めないで加速させる距離が必要です!

そういった意味ではサーキュラースイングはスピンを掛けたり強力なストロークを打つために必要なヘッドスピードを得るためには必要不可欠といえるでしょうひらめき

但し、デメリットというか注意しなければならない点もあります。

真っ直ぐテイクバックするより、インパクト迄の距離が長くなるため振り遅れることがあります。

これを防止する為のポイントを一点!前に体重移動しないこと!

このスイングは全て回転で成り立っているので体に垂直の軸を一本通し、その場で回転しましょう!

サーキュラースイングをマスター出来ると同じ力の入れ具合でもスピンも球速も倍増しますよわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。