ハードコート

2011年08月10日

ハードコート

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

テニスコートにはグラス(芝生)、クレー(土)、ハード(ゴム、セメント)、オムニ(人工芝)、カーペット(室内)等のサーフェスがありますexclamation

今回は、そのハードコートでの試合でどの様に戦ったら良いか?について考えてみますわーい(嬉しい顔)

ハードコートは文字通り「硬い」サーフェス(表面)のコートでセメントの表面にゴム塗量を塗ったもの、何層にもゴムが敷かれたもの等があります。

特徴としては、表面は硬く凸凹は無いので、どこの部分でもイレギュラーがなく、ラインにボールが乗ってもバウンドが変わったりしません。

バウンドは叩きつければ地面が高い分跳ね上がり、通常のストロークは勢いが死なず滑って来るのでエースの出易いコートですね手(チョキ)

これより、攻撃的な早いテニスを展開する選手が有利なことが判ります。

この様にバウンドしてからが速いのでサーブはフラットとスライスが有効!特にバウンドしてから低く横に滑るスライスはハードコートにはうってつけです!

相手リターンが浮いてくることが多くなるのでサーブ&ボレーやアプローチショットからボレーなど「前に出る」攻撃が良いでしょうひらめき

また、ストローク中心でプレーする人もイレギュラーが殆ど無いので少し前にポジションを取って「ライジング」で早い攻撃を仕掛けるのが有効!

少し前にポジションしていることで、相手の打てるコースは狭くなり、自分から打てるコースはワイドになるという利点もあるので厳しいコースを狙うよりテンポよくオープンコートに打ち込みます!

高めの打点からライジングでスピンの少ないコントロールされたボールをポンポン返していきましょう!

ライジングストローク自体は難しい技術ですが、厳しいコースを狙わなくてもエースが取れる様になるので、マスターしてしまえば攻撃的なプレーの割にリスクが少なくなりまするんるん

ハードコートというと「ネットプレー」というイメージですが、ライジングストロークがあればストローカーでも得意なコートになり得るということ!

ネットプレーだけにこだわらず、回転の少ないボールと早いテンポ(ライジング)を心がけてハードコートに強くなりましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。