オムニコート

2011年08月11日

オムニコート

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

一般の大会に出場するサンデープレーヤーにとって、実際グラスコートの戦術を考えるよりオムニコートについて考えた方が良いのですわーい(嬉しい顔)

オムニコートは人工芝に砂を撒いたコートで、人工芝の毛足の部分がクッションになりハードコートに比べると足には優しい感触!

見た目は芝生の様なので速いコート(ボールがバウンド時に滑る)かと思うのですが、ハードコートより球足は遅くなる感じです。

砂が撒かれているのでクレーコート同様、定期的にブラシをかけるのですが、時に砂が偏っているとボールがイレギュラーしたり弾まなかったりすることも・・・

それ以外はコートも平坦でグラス、クレーに比べると平坦な非常にイレギュラーの少ないコートです。

フットワークは砂で滑ることもあり、クレーの時同様で急なスタート&ストップは滑ってしまって難しいのですが、スライディングフットワークが使えるのが特徴ひらめき

こういった意味では見た目が芝生の様ですがストローク重視のオールラウンド・プレーに向いているコートといえるでしょう!

そしてオムニコート特有の特徴として、バウンドするとボールの回転が殆ど無くなる!ということです。

この無回転のボールが非常に重いボールで、イメージ的にハードコートの速いけれど合わせるだけで返球できる!ボールとは対極のイメージexclamation

このボールはブロック、パンチだけではあまり飛ばない、スウィートエリアを外すと全然飛ばないといった感じなのでトップヘビーのラケットでしっかりと振り切る!のが大切です。

ボールが重たく感じるのはバウンドしたボールですのでボレーは関係ありません

ネットプレーも積極的に行いましょうexclamation

但し、ハードコート、グラスコートの様に速いコートではありません

テンポよくオープンコートに!という速いコートの組立てでは、オムニではストローカーの逆襲をくらう時がありますがく〜(落胆した顔)

オムニでのネットプレーでは「逆をつくこと」と「ドロップボレー」が決め手exclamation

ボールの勢いでエースを取るのではなく、ボールを引き付けて相手の足が滑るところをついた緩いボールで攻撃していきましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。