テニス 緩い球

2011年08月16日

テニス 緩い球

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ストロークにおいてもボレーにおいても低くて緩いボールの処理というのは少し厄介ですふらふら

緩いボールというのは、自分から打たなければ威力のあるボールは打てません

ネットより高い位置にあればフラットでも上から叩いていけるのですが、ネットより低いボールはフラットで叩いてしまうとそのままアウトしてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

であれば、トップスピンをかければ良いと思うのですが、膝よりも下の低い球はどうでしょうexclamation&question

この高さでは下から上のスイングも結構難しく、擦り上げてるつもりでもあまりスピンが掛からないものです

では、この高さの球を当てるだけではなく、しっかり振り切ってアウトしないためにはどうすれば良いか・・・

打つ力は変えないでシカもアウトしないようにする為には、フラットに当てるのではなくスピンをかければ、前に飛ぶ力をスピン量を増やしてやることで小さくするのです

しかしトップスピンは先程の通り下から上に振れないのでNGむかっ(怒り)

そこでラケットが自由に可動出来る横方向のサイドスピンをかけます

サイドスピンによりボールは横に流れる様な変化をして、横に切れながら低く弾みます

打ち方としてはオーバーな位のアウトサイドインの振りでインパクトはかなり体に近い位置でひらめき

パンっ!とまともにあたる音ではなく「シュッ!」と擦るような音が出れば成功ですわーい(嬉しい顔)

かなり強く振り切っても「シュッ」という音がすればアウトすることはありませんので、しっかり振り切りましょう

しかし、この打ち方はあくまで、そう打つしかないという時の打ち方ですexclamation

基本は、ある程度高い打点で打てる位置まで走ってしっかりとトップスピンをかけて打つこと

この打ち方に慣れてしまって、足が動かなく成らないように注意ですわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。