テニス ボレーのコツ

2011年08月20日

テニス ボレーのコツ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

野球やテニスで、よく「キレのあるボール」という表現をしますねわーい(嬉しい顔)

野球ではピッチャーの投げた球、テニスでは相手の打ったボールに対して打ち返し難い時にこの様なことを言います

自分が打ち返し難いのだから、こういった球が打てれば相手のミスを誘い優位になりますよねexclamation

では、キレのある球とはどんな球でしょうかexclamation&question

簡単に言うと予想外のスピードや変化をする球のことを言います

単純に最初から最後まで速く感じる球は「速い球」と感じますが、最初のスピードはそれ程感じないが手元に来た時に予想外に速いと「キレがある!」と感じるのですひらめき

同様に変化もそうです。自分で予測した曲がりよりも手元でもっと曲がったりすると「キレ」と感じます

この様に、ボールのキレというのは相手の打った球に対して感じるもので自分で打った球がキレがあるかどうかは意識したり、また経験がないとなかなかわからないものですよね

ですから、こういう方法で打つとどの様な球でどの様に弾むか・・・というイメージを反復練習で頭に叩き込んでおく必要がありますテニス

ここではキレのあるボレーとその打ち方について考えてみましょう

キレのあるボレーは球のスピードはそれ程速くないのですが、滑って低く弾み直ぐに2バウンドしてしまう様な球をイメージして下さい

振りかぶって高い打点から叩きつける様なボレーとは違い、振りは小さくしかし当たる瞬間だけグリップを強く握ってパンチを効かせますパンチ

また、狙うコースは角度をつけてなるべく相手の手の届かないオープンコートに打ちます

というのもキレのある球は上記の通り、小さい振りでコントロールされた低い球なのでボール自体に威力はありませんテニス

相手の居る場所に打ってしまい、充分な体勢で打ち返されると以外に逆襲されやすい面もありますので注意しましょう

全ての状況においてキレのあるボレーが良いわけではありませんが、ボレーは全般的にこうしたキレのある球で組み立てていった方がミスも少なくポイントが取れるようになります手(チョキ)

イメージを持って反復練習し、練習相手に自分のボールのイメージを聞いて確認してマスターしていきましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。