テニス サーブのコツ

2011年08月21日

テニス サーブのコツ

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

サーブは相手に影響されない唯一自分勝手に打っても良いショット

特にダブルスにおいてサーブは非常に重要であると同時に最も有効な攻撃手段ですわーい(嬉しい顔)

しかし、初心者になればなるほどダブルスのサーブの順番が回ってくるのがイヤなもの・・・

これはキープして当たり前が、逆に「落としてしまったらどうしよう!」と自分にプレッシャーをかけてしまうからです

まずは精神的に平常な状態を保つことが大切exclamation

ダブルスのサーブはとかく「失敗するとペアに迷惑をかけてしまう!」と考えがちですが、こうした考えはマイナスにしか働きません。

気持ち的には、なるべくペアのことは考えずに自分1人でやっているつもりでいきましょう

しかし「どこに、どんな球を打つか」という面では、シングルスとダブルスのサーブは違います

まずは、打つ場所ですが・・・シングルスでは打った後のリカバリーを考えて普通センターから打ちます

しかし、ダブルスの場合サイドライン寄りの端からサーブしてもオープンコート側は、ペアが前衛でカバーしているので大丈夫手(チョキ)

サイドライン付近から打つとワイドに打った場合により角度がつけられる点とサービスラインまでの距離がセンターのときより長くなるのでフォールトし難くなる点で有利になります

勿論、ワイドにばかり打っていると相手に慣れられてしまうのでセンターにも打てなければなりませんよテニス

球種は体力に自身のある人はスピンサーブ、自身のない人はスライスサーブ

7割くらいの力でラケットはしっかり振り切るように、大事なのはファーストとセカンドサーブのスピードが殆ど変わらない事です

但し、ファーストはセンターよりの厳しいコース、セカンドはクロスの安全なコースという様なコースの打ち分けをしてみましょう

この様に殆ど変わらない調子で淡々と打つ!殆どファーストサーブが入る!といった人の方がダブルスでは確実なキープが出来ます手(グー)

後は一本調子にならない様にコースはセンターかクロスには確実に打ち分けられれば、特に強力なサーブは必要ありませんひらめき

これらに注意すればダブルスのサービスキープはかなり楽になると思いますよわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。