テニス ストローク スピン

2011年08月22日

テニス ストローク スピン

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

以前に「キレのあるボレー」のお話をしたことがありましたが、ストロークでもキレのある球がありますわーい(嬉しい顔)

しかし、同じ表現であるとストロークも同じ様にスライスの低く弾むイメージになってしまうので、ストロークの場合は「生きたボール」という表現にします

ストロークにおいてのキレのある生きたボールはボレーのそれとは少し違うと私は思います

ボレーはテンポの早さと角度をつけられる点でエースを取り易いショットですテニス

ですから低く弾んで相手に追いつかれなければ軽い球でも良いと言えます

その点ストロークは少し違い、相手までの距離が有る分、準備する時間がある点と角度はボレーほどつけられない点で相手が追いつく事は前提で考えなければなりませんふらふら

こうなるとボレーのイメージの低く弾んで来るようなボールはバウンドが読めてしまい、慣れれば「軽くて打ちやすい球」になってしまいます

ですからストロークの生きた球は強いトップスピンボールを基本としましょう右斜め上

トップスピンをインサイドアウトで打つ!これにより自分では意識しなくてもスピンが良く掛かったり、打点によってはサイドスピンが掛かって曲がったり・・・ 真っ直ぐ弾まないというだけで球速がそれ程なくともライジングで前に出て打つということは出来なくなりますパンチ

この様に普通に打っている球が同じコースに飛んでいても弾み方が変わるだけで相手は非常にイヤなものです

また、トップスピンの効いたボールは飛んできたスピードは遅くてもバウンドする際に地面を蹴ってグンと伸びてラケットを強く押します手(グー)

当てるだけでは変な方向に球が飛んでしまうような重いボールなので、相手はしっかりと振って返球しなければなりません

この様にストロークにおいては、充分なトップスピンを掛けることが生きたボールを生み相手をコートの後ろの方に押していきます

ストロークがアウトする確率もさがりますし、一般プレーヤーではクレーコートだけではなく速いハードコートでも有効なボールといえるでしょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。