テニス ストロークの安定

2011年08月27日

テニス ストロークの安定

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

攻撃的なストローク、一発でエースを狙えるフォアハンド・・・

非常に気持ちのよいものですが、なかなか一般プレーヤーではこういった攻撃でポイントの取れる人は少ないですよねわーい(嬉しい顔)

まして相手が上級者であれば、速い球を厳しいコースに打たなければエースにはなりませんexclamation×2

ということはストローク単体でエースを取りにいくのは試合においてはリスクが高すぎて勝つための戦略にはならないのです

勝つためにはもっと確率を上げなければなりませんよふらふら

確率を上げるには、まずストロークは自分から絶対にミスをせずに相手のミスを誘うように仕向けることです

ミスも相手がネットに引っ掛ける、アウトしてしまうまでにはならなくても自分がアプローチしてネットに着けるような浅いストロークを打たせればいいのです

まず、この様にストロークに求める仕事の範囲を「エースを取る」から「相手に短い球を打たせる」まで簡単にしますひらめき

これであなたのやることは、サービスラインよりも深い球を相手より一球でも多く続けることexclamation

オープンコートに打てれば尚良いですが、左右に厳しいコースを狙うよりもミスしない深い球を打ち続ける方が良いです

では、一球でも多く深い球を打ち続けるにはどうしたらよいでしょうかexclamation&question

ネットの上を通過させる高さを決め、そこを狙って打つようにします。

人間は目標が近くなると不思議と作業を単純化して集中できるものです。

さしづめ、ネットの2倍位の高さを通過させてみて、ベースラインから30cm程度手前にインするかどうか、試してみるのです

フォア、バック共にあなたの普通に打ったストロークがベースラインから30cm手前にインする時のネット上のボールの高さを体で覚えましょうexclamation

後はそこを狙って打ち続けるだけ

あまり多くを望まないで打ち続けられた時、エースを取るストロークよりも試合に強いミスしないストロークが打てるようになっているハズですわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。