テニス スイングスピード

2011年08月28日

テニス スイングスピード

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ダウンスイングというとゴルフを連想しますよねゴルフ

テニスでもテイクバックが完了しスイングを開始し始める時は、このダウンスイングにあたりますわーい(嬉しい顔)

実際サーキュラースイングではラケットを上に高く放り投げて高い位置がテイクバック完了とするならば下に向かってダウンスイングを開始していることになります

しかし、テニスの場合サーキュラースイングでもラケットが一番高い位置からダウンスイングで加速していくのではなく、高い位置から一番下まではゆっくり回り最下点からインパクトまで一気にヘッドが加速していくイメージです

人によっては折角サーキュラーなのに最下点で一回ラケットヘッドが停止してしまう場合も・・・

これでは、上から回してラケットを加速する距離を長くとる意味がなくなってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

そこで、イメージとしてゴルフ同様に一番高い位置をテイクバック完了位置として、そこから下にラケットを落とすという動作をスイングの一部だと考えます

特にゆるいボールの時に気をつけたいのが、サーキュラーに入るのが早すぎて上から回してラケットが低い位置でボールに合わせて待ってしまうこと

こういった場合にはラケットは高い位置で待ち、ラケットを下げるダウンスイングはボールが来るまで開始しないようにしますひらめき

こうすることで相手のボールが速い・遅いに関わらず常にスイングのリズム、スピードが一緒になります

ボールが緩くてもスイングスピードを緩めない事から、スピンもよくかかりミスも無くなるのですテニス

この様にトップスピンをかけるためには下から上に振り上げる「アッパースイング」が基本なのですが、テイクバックが下で止まってしまうとサーキュラースイングの意味が無くなってしまいますグッド(上向き矢印)

インパクト時は下から上の軌道でもテイクバックから下に下げていく部分もダウンスイングとしてスイングの一部だという意識を持ってヘッドが止まることが無いようにしましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。