平行陣

2011年08月29日

平行陣

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)

ダブルスでサーブ&ボレーを行ったり、後衛の位置からアプローチで前に出て、二人ともネットにつく陣形のことを平行陣といいますわーい(嬉しい顔)

二人でネットに着いているのでこれ以上ない攻撃の陣形ですよねパンチ

しかし、二人でネットについていると言ってもやはり前衛、後衛のようなポジションと役割分担があります。

ダブルスの場合、ネットに着く時のボールはアプローチでもサーブでもコースは必ずクロスコートです

ポジション的にはこのサーブやアプローチをクロスに打った人が若干後ろ、元々前にいる人がネットの近くまで前に出ます

この様に、打つ人から見てストレート側の人がネットにピタリくっついて前、クロス側の人が若干後ろに位置します

こうすることにより、ストレートにロブで抜かれた時、若干後ろにいるペアがカバーすることが出来ます手(チョキ)

また、打ったコースによって横方向のポジションが決まります

サーブやアプローチがクロスに入った場合は前衛はストレートを警戒しサイドラインよりに移動、サーブを打った人は前衛がサイドに寄った分センターを警戒し若干打った方向のサイドに寄りますダッシュ(走り出すさま)

センターに打った場合は、前衛はサイドを開けセンター寄りでポーチの構え、サーブを打った人は前衛がポーチならサイドチェンジに備えセンターでスプリットステップとなります。

二人が前に出たときの最大のメリットはその攻撃性ですが、二人が横一線に並んでしまうと役割分担があいまいになり途端に「お見合い」などがはっせいしたりします

特に二人の間のセンターを抜かれるような事があったら、相手から見て二人が前に居ても打ち難いと思っていない証拠ですふらふら

この様な時は、平行陣のポジションにも前衛、後衛があること、打ったボールで横移動があることを思い出してみましょうわーい(嬉しい顔)

初心者でも劇的に上手くなる!プロの私もお薦めするテニス理論はこちらぴかぴか(新しい)


posted by テニスレッスンきみこ at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。